つぎは、オーディオ、ナビ等いってみましょう!
 

オーディオ、ナビは実際に動くか全て試す。音楽CDを持参する

 

FM,AMラジオはもちろん、CDプレーヤーも実際にCDを持って行って
すべて動作確認しましょう。その際、全てのスピーカーからちゃんと音が出ているかどうか?
確認してください
 
古い車になると、スピーカーの1ヶ所から音が出ていないなんてこともあります
 
 
 
また、CDの出し入れがスムーズにできるかどうか?なども良く見てください。
 
プレーヤーのCD部分は割と壊れやすい部品です。
 
CDプレーヤー自体はあまり高額なものでもないので、ご自身の気に入ったものに
付け替えるとか、販売店と相談して実費今の機種に変えても良いかもしれません。
 

ラジオアンテナも良く確認

 
意外と見落としなのがラジオのアンテナ部分で、ここがラジオのオンオフで
連動してに伸びたり格納される物はしっかり動作するかも確認してください。
 
モーターなどの故障で、ラジオアンテナが動かないもの、また手動式のアンテナも
そうですが折れたり、曲がったりしている物がけっこうありますので、このあたりはちゃんと
確認したほうが良いでしょう。
 

ナビゲーションや、フリップダウンモニター等

 
ナビや、モニターなどがついている車の場合、CDプレーヤーなどと同様
全ての動作、作動を良く確認して触れる部分はすべて触ってください。
 
 

スポンサーリンク


 
 
ナビに関しては、やはりCDやDVD等の出しれがしっかりできるかどうか?
 
あとはタッチパネル式の物は古くなると、タッチパネルの感度が悪くなったり、
部分的に強く押さないと、反応しない等の症状が出ている物があります。
 
また画面を開いて中のCD等を出し入れするタイプや、画面の角度調整が出来るものは
そのあたりの動きもすべて確認してください。
 
あとは、リモコンなどの付属品もすべて確認して、作動するかどうか?
テレビの写りは問題ないか?なども見てみます。
 
 
 
他に、出来たらナビの説明書、マニュアルの類は残っているかどうか?
確認してください。
 
 
ナビの操作、細かい機能がたくさんついているのに動かし方や詳細が分からないというのは
もったいないです。色々な設定など自分好みにするのにもマニュアルが手元にあった方がラクです。
 
もしなくても今はネットで型番を入れてナビのメーカーホームページ等で調べPDF等で入手する
ことが出来ると思いますけれどもね(^.^)
 

ナビに不具合があったら

 
新しいナビや、メーカー純正のナビゲーションは、結構その車を選ぶ基準にしていて
気にする方も多いかと思います、
 
特に高級車の純正ナビは不具合があった場合、お金がかかる場合が多いですので、
良く確認して、万が一不具合があれば必ずお店の人に
相談しましょう。またナビの保証期間は割と1年くらいが多いです。
 
 
 
ナビは日進月歩でどんどん新しくなっているので、3,4年前のモデルを直すくらいだったら
新しい最新機種の少し型落ちモデルを安く購入したほうが、性能的にも良くなっている場合が
多く修理代を考えたら買い替えてもほとんど変わらないかもしれません。
 
 
 
ナビにこだわるかたは、販売店に車を見に行く前に事前にどのメーカーの型番何の
ナビがついているかお店の人に確認して、そのナビの知識をネットなどである程度
調べておいた方が良いかもしれません。
 
 
そのナビの型の値段や、中古価格、機能や良くある不具合等、結構調べるとわかりますよ!
 
 
 
スポンサーリンク