それから、各シートの状態を良く見ましょう、シート表面の汚れ、
飲み物のシミやたばこの焦げ跡、穴などがあいていないかチェックしてください。
 
 
お子さんが乗っていた車、ペットを乗せていた車は、リアシートなどに
染みがあったりします。
 
また、喫煙していた車は、屋根の内貼り、シートなどににおいが染みついている
可能性があります。同様に、ドアの内貼りもチェックしましょう。
 
 
レザーシートは表面の皮が劣化していないか、特にベージュや白っぽい内装は
汚れや擦れ等が残っている場合が多いので、良く見ること。
 
 
運転席のサイド部分等に擦れやしわがある場合が多いです、中古車の場合、
ある程度は仕方ないが、納得できる範囲なのか?納得できない場合補修で
きれいになるのか?等は確認しておいた方が良いです。
 

内装に気になる汚れや、穴、においが有ったら

 
必ずお店の人に確認して、納車までに補修出来るものなのか?
臭いはどの程度軽減できるか?等を確認しましょう。
 
 
汚れや、穴等はある程度補修は可能ですが、ここで問題なのは
意外とにおいのほうです。
 
 
においはある程度までしか消臭できない場合が多いのであまりににおいが
気になる場合は、その車の購入は控えたほうが良いかもしれません。
 

においをチェックするついでに、エアコンも動かしてください

 
エンジンチェック編(⇒内部リンク)でもエアコンを作動させたかと思いますが、
内装チェックの際にもエアコンを動かしてみましょう。
 
クーラーや、ヒーターの作動具合、異音等は無いか?効きはどうか?
 
必ずチェックして欲しいのですがその際に、
エアコン吹き出し口から嫌な臭いが無いかを確認してください。
 
 
タバコや、かび臭さで、においがひどい場合、エアコン内部にたまっているにおいは
ある程度は軽減できますが、完全に除去するのはなかなか難しいです。
 
可能だとしても専門の業者で相当の費用を覚悟しないといけないので、
エアコンを作動した時に結構きつい匂いのする車は避けたほうが無難です。
 
 
 
エアコン作動については、リアシート側にもスイッチや吹き出し口がある場合、
そちらも必ず確認してください。
 

シートは各部調整、格納、リクライニング等全部動かして!

 

 
 

スポンサーリンク


 
 
シートはスライド、角度調整、リクライニング等を全部
動かして動作を確認してください。スムーズに動かなかったり、レバーや
可動部分にガタが無いかなど、良く見てください。
 
またミニバンなどの、格納や、回転等いろいろアレンジできるシートは全部実際に
動かしてみましょう。
 
 
それからシート調節や、格納などが電動の物は、スイッチを全部動かして必ず動作確認を
すること、シートヒーターなどの装備がある車も同様に必ず確認をしてください。
 
このあたりが壊れていた場合、物によっては結構出費がかさむ可能性があります。
要注意です。
 

ハンドル、シフトノブ

 
ハンドル部分や、シフトノブは、中古車の使用感が凄くわかる部分なので
あまりにテカテカしてたり、汚かったりすると気になりますね、
いつも触れている部分ですのでその車を使っていて結構気になる部分ではあります。
 
 
 
車種によってはウレタン系のステアリング等は、経年劣化である程度古くなるとザラザラに
なってしまう物もあります
 
実際に走行や機能面で問題はないけれど、あまりにひどい場合は、お店の人に
相談してみるのも良いかもしれません。リペア出来る場合もありますし
ほどほどの価格で程度の良い中古パーツやアフターパーツがあれば交換する
のもありですね。
 
 
それとは別に、ステアリングコラムの角度や前後調整が出来る車は
必ず動かして動作確認をしてください。シートの角度、ミラーの角度等と同じく、
動かして自分のしっくりくるポジションが見つかるか、必ず確認を!
 

フロアやトランク、ルーフの状態など

 

フロアや、トランクルームは、汚れや染みを確認。シートが稼働するものは
全部畳んだり跳ね上げて、隠れている部分等に汚れが無いか、必ず確認してください。
 
フロアマットはめくってみて、床がジトジトしたり濡れていないかチェック。
 
床があまり湿っている車はもしかすると雨漏りの可能性があるので良く確認してください。
 
 
 
ルーフは、ルームランプや、サンルーフなどの作動状態を必ず確認して
ここにも大きなシミや汚れが無いか見てください。
 
また、ミニバンやワゴン系等で、ルーフの内貼りが荷物などをひっかけて切れている場合
補修できるのか?出来ない場合、ルーフ内貼りを一式で交換すると
結構値段が張りますので気になる敗れとかあれば必ず確認してください。
 
また、染みなども良くみてください。場合によっては雨漏りしている
可能性があります。特にサンルーフつきの車。
 

他、確認するところ 

 
トランクの開閉、給油口の開閉、ボンネットのレバーなどは動かしてみて
スムーズに動くかどうか?ワイヤーが伸びていたり、ロックの動きが渋くなって
いたりすると、上手く開かない場合もあるので、必ず確認。
 
サンバイザーの裏側とかも汚れが無いかチェックして、バニティーミラーに
ランプがついている車等もあるので、ちゃんとランプが付くか確認しましょう。
 
 
 
 
スポンサーリンク