続きまして、今新車も中古車でも人気の車と言えばやはり
ミニバンですね。
 
 
ミニバン人気は中古車でも相変わらずなので、割と価格は高めに推移してます。
 
 
しかし新車と違って、中古車になれば、色々な装備がある上級モデルや、割と
アッパーなクラスの車種も予算的に射程距離に入ってきたりするので、
装備がいろいろついているモデルを探しやすくなります。
 
ナビや、リアのモニターやエンターテイメントシステム等も、もし予算内で
購入できるのであれば、新しいものを納車時に組み込んでもらっても良いと思います
 
 
家族みんなで乗れるミニバンなので、お出かけや行楽などに使えて、小さなお子さんが
いらっしゃるかたに特におすすめです。
 

ミニバン中古車購入時にで見ておきたいポイント3つ

1、まずは室内の装備、汚れなどを見てみましょう!

ミニバンはやはり、内装の豪華装備や、エンターテイメントシステム等(⇒内部リンク)
は選ぶうえでかなり重要になってくると思います。
 
 
せっかく居住性の高いミニバンを購入するのですから、インテリアの装備
等が充実していた方が良いに決まっていますよね。
 
 
そこで、特に新車時から年数がたっている電気製品等は、ちゃんと動くかどうか
動作をすべて試してみましょう。
 
 
これは自動車としての機能や安全性とは関係のない部分かもしれませんが
故障していたり、動かない装備があったりしたことが後でわかるとせっかく
ミニバンを買ったのに気持ちが沈んでしまいます。
 
 
あたらしく買った車に愛着がもてないとまたすぐ買い替えたくなってしまいますので^_^;
細かな装備品、スイッチ類は必ず全部動作確認をしてください。
 
わからない装備はお店の人に聞いてみるとか、取説を見させてもらいすみずみまで
チェックしましょう。
 
また、シートの汚れやシミ等必ず良くチェックして、シートアレンジ
がいろいろ出来たり、畳めたりする車種はすべての動作を確認してください。
 
シートが畳んで有る場合は、必ず、元に戻してシート表面の汚れをチェックして
ください。また、電動でシートが格納されたりスライドする車はすべて試して
下さい。
 
 

スポンサーリンク


 
ナビやモニターなどのエンタメシステムは故障していると修理するより
買い替えたほうが安い位の場合があります。
 
 
特に純正品のエンタメシステムが入っている場合、型が古くなっていると
最新のものに比べると結構性能差が感じられたりするので、予算が許すなら
新しいものに変えてもらっても良いかもしれないですね。
 
正直、車本体の進化よりも、車の付属品、特に電子機器やナビゲーション
システムは進化が速いので5年もたつとかなり古く感じられます(^_^;)
このあたりは修理すると意外と高くつくので、買い替えがお勧めです。
 

2、重量が重いミニバンは試乗で足回りをチェック

 
もし、試乗が可能であれば、ミニバンは車重があるため、足回りや
ブレーキなどにヘタリや異音等が無いか、しっかりとブレーキが効くかどうか?
タイヤの状態はどうか?等確認をしてください。
 
もっとも、ミニバンは割と足回りは丈夫に作ってありますので、走行距離が多めの
車でなければそれほど気にしなくても大丈夫ですが…
 

3、意外とぶつけていたりして加修されている割合が高い

 

ミニバンは、車体が大きい為、やはりコンパクトカー等と比べると、
取り回しがしずらく、例えば大きな事故をしてなくても
結構ボディをこすったりぶつけたりして加修されている車両は多いです。
 
大きな事故とかを起こしていなくて、しっかり直っていれば
特に問題は無いですが、修復歴車両の場合、どのあたりをどの程度直している
のかわかったほうが良いのは言うまでもありません。
 
試乗出来ればまっすぐ走るかどうか、変に片方に車が振られることは
無いか?などハンドリングを見ることで、ある程度フロント周りの加修は
わかります。
 
 
 
リアバンパーやその下側のフロアを良く見て、リアゲートの開閉の
際の立てつけなどが怪しければ、スペアタイヤ等が収納してあるトランクルーム
の床面をよーくみてシーラー等に不自然さがないか調べてみて下さい。
 
 
後ろは意外とバックの際にぶつけていたりして軽い修理がされている車も
多いですが、フロント部分に比べたら、リアの加修はあまり気にしなくても大丈夫です。
 
 
 
 
スポンサーリンク