スポーツカーは趣味性が強く、面白いけど新車では高価でなかなか買えないとか
 
「セカンドカーとして欲しいけど新車じゃ予算オーバーだなぁ…」
 
なんて人に中古車で購入はお勧めです。
 
車本来のドライブする楽しさや、美しいスタイリング、高速道路
での走破性や、コーナリングでの気持ちよさ等、実用面以外での
車の楽しみを求めている人にはもってこいの車種です。
 
 
スポーツカーは新車市場でも販売台数が少ない場合が多く、中古車
になっても数が流通していない割に、狙っている人が多いので、他の
車種と比べても割と中古車市場が高めで推移していて、
 
 
ある程度価格落ちがしたら、そのあとは距離を走っていても、
年式が古くなっても下げどまりして、あまり安くならない傾向があります。
 
 
しかも、ある程度古くなって(20年以上)くると希少車、ビンテージ
としての価値も出たりして車種によっては値段が
上がってくることもあります(^_^;)
 
 

スポーツカーのチェックポイント3つ

1、できればノーマルに近い車を探しましょう

 

スポーツカーは結構色々なアフターパーツが入っていて
前のオーナーの趣味性に合わせてカスタムされている場合が多いです。
 
足回りや、マフラーや、エンジンパーツなどにも手が入っている車が
多いが、耐久性の面で行くと、やはり純正パーツのほうがなにかと安心ではありますね。
 
スポーツサス等が入っている車は、車体や、他の部分に負担が掛かっている場合
があるし、タイヤ等も太めの物を履いている車は、純正の物より、足回りの
部品の交換サイクルが早くなることは間違いないです。
 
 
 
アフターパーツがどのようなお店で、しっかり組み込まれたものなのか?
等なかなか中古車で流通している場合はわからない事がありますよね。
 
信頼のおけるパーツをしっかりしたお店で組み込んであれば問題はないですが、
パーツの施工状態でも車本来のバランスをスポイルしていたりする可能性があるので、
 
私は出来たらノーマルに近いものを購入することをお勧めします。
 
 

2、内装はその車が大事に使われていたかの判断基準になる

 
 

スポンサーリンク


 
スポーツカーの場合、前のオーナーがどのように
扱っていたかで、結構車の状態に差があります。車を丁寧に扱う人は
内装がきれいな車が多い傾向にありますので、
 
 
インテリアがあまりきれいでないとか色々なアフターパーツがついていたり、
それを取り外した跡がある車等は前オーナーが走り好きで、
車をガンガン乗っていた可能性があるので注意してください。
 
 
 
シート等の擦れ具合、シートのサイドサポート部分等も良く見てみると
コーナーを飛ばしていた車なんかは、シート部分の劣化が早かったりします。
 
 
また純正でないバケットシートや、ステアリング、ペダル、シフトノブ等が
ついている場合、結構車マニアの走り好きのオーナーだった可能性があります。
 
 
こういった車は、車の下回りやエンジンルーム内など良く見て事故をしていないか
下回りをヒットしていないか良く見たほうが良いです。
 

3、スポーツカーはできたら試乗しよう、その理由

 
スポーツカーは事故車の割合が他の車種に比べて高く
また大きな事故を起こしている可能性が他の車種より高いです。
 
 
その理由は
ハイパワーでハンドリング等が繊細で、コントロールが難しく
運転が上手でないオーナーが運転して事故をしている。
 
とか
走り屋が好んで乗る車種だと結構普通に事故ったり
ぶつけたりしている場合もあります。
 
そして
スポーツカーは先ほど申し上げたように中古車になっても人気が高い為
他の車種では廃車になるような事故を起こしていても、
直して売ってもお金になるという理由もあります。
 
 
ですので、事故車の割合はどうしても他の車種より高くなりますので
可能であれば試乗して、ハンドリングを良く見たほうが良いでしょう。
 
 
スポーツカーはハンドリングも繊細なため、しっかり直ってないとか
ハンドルの調整が狂っているとかいう車はちょっと乗ってみると
意外とよくわかるんです。
 
 
エンジン本体とかよりも事故ってシャーシが曲がっている
車はどうにもならないし、きっちり修正するのに費用がたくさんかかる
可能性が高く、
なにより軽快な走りを楽しみにして購入した車で、本来のその
車の性能を発揮できず
 
「こんなものなのかな?…」
 
 
なんて思いながら乗るのはつらいですよね。
 
 
 
可能であればちょっとで良いので試乗して足回りの挙動を確かめて
エンジンルーム内なども良くチェックしてください。
 
事故っている車はスポーツカーの中古車はかなり多いですし
せっかくスポーツカーを買うならハンドリングに影響がありそうな事故を
している車は買わない方が良いと思います。
 
 
 
スポンサーリンク