セダンってみなさんはどんなイメージですか?

 

結構セダンはフォーマルでお堅いイメージでおじさんっぽい?
ように感じる人もいるかもしれませんが

 

30代くらいの男性になったら、セダンに乗ると逆に大人の男性を
演出出来て、モテるかもしれませんね。

 

あなたがスーツの似合うシュッとした知的な男性でしたら、セダンで
年上男性が好みの女性にモテること間違いないかも?ですよ。

5位 モテる車 クラウン

 

 

 

クラウンは、意外かもしれませんが、最近のアスリート系
等は特に良い感じですよ。

 

色々調べてみると、クラウンの人気が高いんですよね。

 

一昔前はクラウンって結構オヤジっぽいイメージか、ともすればヤンキー車
みたいなイメージが強かったのですが、今の型のクラウンはかなり、若々しくなりました。

 

堅実な雰囲気の中に、男の色気を感じさせるデザイン。

特に黒いボディーとかは最高じゃないですか?

 

内装はトヨタの最上級車ですので、至れりつくせりなだけでなく、クラウンは
各部の質感や、製品精度もトヨタ車の中でも最も高いものを使用しています。

 

例えばドアを閉めたときの音とか、車内の静粛性等、凄い精度でできています。

 

私は仕事で何度かクラウンのドアの内装をバラしたことがありますが、
ドアの素材もさることながら、内側に使っている吸音材の厚みとか、内貼り自体の
厚みとかも他のトヨタ車より豪華にできているんですね。

 

しかも、セダンなのに、トランクがとても大きくて、

ゴルフバック4つも入れられる
トランクが装備されています。

昔から、クラウンは4人乗ってゴルフにいけるようなパッケージングがされていると
聞いたことがありますが、これだけ広いトランクスペースを持っていれば

 

二人で旅行に行ったりする際にも、
荷物をたくさん入れられて便利ですよね。

 

また、トヨタ車らしく、ハイブリッド車も選べて、これだけの大型セダンでグレードによっては
リッター23,2Kmを誇ります。

 

また、自動ブレーキシステムなども、トヨタ最先端の安全装置が付いています。

いまさらですが
同乗者の方の安全を思いやる気持ちはとても大切です。

 

 

クラウンは初代モデルがデビューして60年以上経っていて、国産車の中でも最も長く
名前の残っている車です。

⇒今見るとレトロでかわいい。初代クラウン

 

毎回、トヨタが力のすべてを注ぎ込んで作っている車と行っても過言ではなく、
クラウンはそういった意味でも、絶対に買って損は無い車だと思いますし、

 

最近ちょっと年齢も上がって、今までとイメージを変えたいんだよね…

なんて思ておられるあなた…

一度、クラウンで、スマートな大人の男を
演出してみるのはいかがでしょうか?

4位 モテる車 ベンツEclass

 

 

 

メルセデス・ベンツ
来ましたね~

 

モテる車セダン編。

やっぱり、ベンツは高級ブランドとしてのイメージが出来上がっていて
知らない人はいないかというくらい、有名なので、まぁ、経済的に余裕がある男性には見られるかと
思うんですよ。

で、アンケートで調べてみても、やっぱりそうはいっても未だに外車の人気は高いです。

ちょー高級品が好きな人はSクラスのベンツもあるのですが、
ここではミドルサイズのEクラスを取り上げました。

現行のEクラスは2016年にフルモデルチェンジして、世界で最も
安全な車としてのメルセデスベンツの最新の安全装備、また自動運転にも今のところ
世界で最も力を入れているメルセデスベンツの技術が惜しみなく投入されているという点で

 

Eクラスの最新装備ほぼ自動運転です

高級なだけでなく、あなたを大切に思っています
アピールも出来てしまうという。

 

うーん…

まぁベンツですからね。
モテますよ。そりゃぁね(^_^;)

 

この内装の豪華さ。

いやぁ~最近のベンツは色っぽくなりました。

ちょっとエロいですねぇ。


 

 

昔は、こういうエロ内装はイタリア車やイギリス車ばかりで
ドイツ車はあんまりなかったのですが

 

最近のドイツ車はおしゃれっすねぇ~

高級車にふさわしい内装です。まぁ最低でも600万円後半からの車ですので
金額もそれなりにしますが、高級感はものすごいですよ。

 

ダンディな黒ベースな内装はこんな感じ
 

ベンツのE-Class流石ですよね。

ベンツの中でも一番基準的なモデルで、E-classで導入された技術が
他のメルセデス・ベンツのスタンダードになっていくようなところがありますので
E-classに対する気合の入れ方ってやっぱり凄いんですよ。

新型メルセデス・ベンツE-classのキーはこんな感じ。
かっこよすぎじゃありませんか?

3位 モテる車 LEXUS IS

セダンの3位は


 

 

我が日本のプレミアムブランドのレクサスです。

レクサスは、トヨタが海外のプレミアムブランドに対抗するため作った
ブランドで、最近では高級SUVやスポーツクーペなどで、主にヨーロッパのプレミアムカー
(BMW、ベンツ、AUDI)辺りをライバルとして作られたわけですが

最近では特にSUVの販売が好調で、街中でもたくさんレクサスを見ますね。

 

日本の誇るトヨタの最上級の技術が投入されているだけでなくて、
ディーラーの接客等、細やかな部分まで、徹底的におもてなしの精神が貫かれていて、
機械面だけでなく、そういったところも含めてレクサスに乗る意味ってあると思うんです。

例えば新車のレクサスや認定中古車を購入された場合付帯されるサービスがあるのですが
その内容がものすごいんです。

 

例えばこんなことも出来るのです。いやいや、凄いですよレクサス

 

スポンサーリンク

 

これに入れるだけでも、他のプレミアムブランドと違う
レクサスの凄いところです。

まさに至れり尽くせりです。

 

現行型のISは3世代目で2016年にマイナーチェンジされ、フロントのデザインが
よりアグレッシブな感じになりました。インテリアではディスプレイの大型化が図られて
より操作がしやすくなっていますね。


 

レクサスのインテリアは随所になんとなく日本的な直線基調のデザインが
されていて、和風な雰囲気も漂います。このあたりがヨーロッパのプレミアムセダン
と違った個性的な点で、レクサスの特徴ですね。

もちろん、質感はレクサスクオリティですので、トヨタのさらに上をいっています。

 

 

ISはコンパクトで引き締まったスポーティな印象がすごく良くて
ミドルクラスのセダンに比べて若々しい印象がありますよね!

レクサスにもGSというミドルクラスやLSという最上級の大型セダンもありますが
ISをさわやかに乗りこなす感じって知的で良いのではないでしょうか?

 

ちなみに、今回のISからはトヨタのハイブリッドが
導入されたモデルもあって、エコ面でもアドバンテージが持てますし、

大きすぎず、それでいて上質なセダンで、
知性も感じさせられる車ってなかなかありません。

 

そこいくとレクサスのIS。いいチョイスの一台ではないかと思います。

 

アメリカでも大人気です。
カスタムしてもけっこうカッコいいです。↓

2位 モテる車 AUDI A4

 

スーツの似合うセダンで、デキるモテ男のイメージに近い車って
なんでしょう?

その候補の一つにこのアウディ A4は挙がってくると思いますが
いかがですか?

アウディはドイツ車のプレミアムブランドの中でも、
特にお洒落なイメージが
強いブランドです。

 

そのシャープで妥協のないデザインは、ドイツの工業製品ならではのクオリティで
特に塗装の質感、各ボディパネルの継ぎ目の隙の無さは、同じドイツのライバルメーカー
である、BMWやメルセデ・ベンツを凌いでいると言えます。

以前ほどではないですが、内装も硬質感の漂う、マシン的な非常に上質な
空間で、他のブランドでとと違う、アウディ独特の空間を醸し出しています。

 

特にスイッチ類の高級感や、アルミを使ったクールな質感はアウディの特徴で
以前よりだいぶ柔らかいイメージになりましたが、それでもカチッとした硬質な雰囲気は
知性的な雰囲気ですよね。

 

アウディに乗っていると、確実にアタマ良さげなイメージにはなります。

この車は、非常にに高性能ですが、
ジェントルでシレッとクールに早い感じですかね。

ヨーロッパでドイツ以外の国でも追い越し車線を結構なスピードで
走ってきてサクッと追い抜いて走り去ってしまうような使い方をしているのは、この
アウディあたりのセダンです。

高速道路を一気に走って、隣の国までひとっ飛びして商談をまとめてくるような
そんなビジネスマンの高性能な足として、ビジネスエクスプレス的な使い方も
非常に良く似合う車ですね。

 

この車はスーツが本当に良く似合いますね。

 

ある程度の年齢になった大人の男のあなた。
このA4をチョイスして、
クールなジェントルマンになってみるのはいかがでしょう?

1位 モテる車 BMW5

セダン系のモテる車第一位は!

BMW5シリーズに決定

 

セダン自体が日本では衰退してしまって、最近では車種もかなり少なくなってしまいましたが
ヨーロッパや中国などでは、やっぱり、自動車の基本形態としてセダンがあって。
いぜん人気が高いのですね。

アッパーミドルクラスの高級セダンとなると
日本車が少ないものですので、どうしてもヨーロッパ車のセダンが多くなります。

その中でもBMW5シリーズは、スポーティーさと
大人っぽさがちょうどよい感じでブレンドされた、

程よく肉食系で色気のある車ですよ。

 

アウディとかのちょっと無機質で、草食的なスタンスとは
ちょっと違い、すこし野獣っぽさが残っていて、ゲルマン系の肉食臭さがありますよね。

さてBMW5シリーズは

ちょうど2017年今年に最新型がデビューしました。
先代のモデルが2010年からなので7年目でモデルチェンジ。


 

 

まぁ、BMWは昔から車のブランドの中で、
最も女性人気の高いブランド

のひとつで、日本市場で長年培ってきた、ブランドイメージというものが
定着しているんではなかろうか?と思うわけです。

ビーエムはやっぱりかっこいいですものね

今回の5シリーズの日本のブランド・フレンドという宣伝用のイメージキャラクター
に元サッカー日本代表の中田英寿さんを起用して、新しい5シリーズのキャッチコピーは

ビジネス・アスリート

ということですから、ぴったりすぎるくらいですね(^_^;)

 

いや~中田選手。5シリーズ似合うわ。
かっこいいですね~

 

BMWも最近では他のドイツ車メーカーに漏れず、色々なボディタイプを増やしてきていますが
このセダン系のボディはやはり基準となるべく車ですし、その中でも5シリーズは中核車種ですので
BMWっていうイメージで一番最初にピンとくる車はこの
5シリーズなのではないかな?と思うわけです。

最近のBMWは内装もエレガントで、ゴージャス系です。

 


 

以前はもっと男臭くて、ゴリゴリした感じでしたが
ドイツ車全般に言えますが最近のBMWは内装が女性的になりましたね。

ここのところの高級車のトレンドの明るい内装系のチョイスも可能ですし
適度にメッキや、ウッドなどを施して、豪華な雰囲気があります。

 

まだまだ出たばかりで、最新型の5シリーズに乗っていたら
きっとリッチな感じには間違いなく見られますでしょうし、

まだ中古車も殆ど無いですから、
今乗っていたらかなりポイント高いんじゃないですかね?

 

どうですか?
これなら確実に車的にはモテるとは思いますよ?

 

でも人間性も外観も鍛えて、中田英寿さんのような
アスリート系ビジネスマンに近づく努力を忘れないで行きましょう!

 

っていうか
中田英寿なら、BMWに乗っていなくても
モテるじゃん…

 

ってそれは
まぁそうですけどね^_^;

スポンサーリンク