SUV

 

きましたね~

いま、世界中で流行してます。

 

以前は

クロカン

とか
ヨンク

とか呼んでいたジャンルですが

 

今や大きいのから小さいのまで様々な種類の
SUVが出ています。

最近はクーペタイプもありますよ

 

しかも、昔と違うのは

オンロードユースのおしゃれな物が増えているところです。

 

荒野や自然の中ではなく、都会を駆け抜ける
ゴツカッコいいSUV

 

男らしい雰囲気も演出できますし、
なんとなくおしゃれでアクティブな感じがしますよね!

 

でモテるSUVは?

というと、最近流行のコンパクトSUVもありですが

 

ここはある程度ラグジュアリー感も
有り、そこそこのボディの大きさのある、男が乗ってカッコいい
SUVということで、こんなのはどうでしょうか?

5位 モテる車 マツダCX-5


 

 

2012年にデビューしたマツダのCX-5はアメリカを中心に
それこそ、世界中でヒットして今やマツダの屋台骨を支えるモデルになりました。

新型が今年2017年の2月より発売になって、より洗練され
高級感が増した車になりましたね。

いやぁ~カッコいいですよね
CX-5は。

マツダは日本メーカーの中では
特に独特なポリシーを貫いていて、車づくりにおいて
変なコストダウン意識とかがあまり無い感じがして良心を感じます。

 

新型CX-5も前の型のCX-5とあまり変わらないように
見えて細部はすべてブラッシュアップされています。

初代は予想外の大ヒットをしたので、マツダの気合の入れ方も
ハンパではない感じがひしひしと伝わってくる車ですね。


 

特に内装の質感は、先代も高級感があったのですが
さらに磨きをかけてレクサスあたりと比べても遜色ないデキです。

この内装の質感は本当にすごいですね。

 

ドアの内貼りとか、センターコンソールとかにも
本当にステッチが入っています。ステッチ風の模様とかではないんですよ。

手間暇かかってますね~

こんなに質感高い車ですがお値段は250万円くらいから
で中心車種でも300万円位です。

 

これ安くないですかね?

昨今はどんどん車の値段が上がっているので
これは結構なバリュープライスかと。

 

国産車で割とすっきりしていて
しかもちょっとお洒落な演出が出来て
かといって自己主張が強すぎず…

 

こんなクルマ
なかなかないですよ!

4位 モテる車 JEEPラングラー

4位はマジもんのSUV
というかあらゆるSUV車の元祖的存在

JEEPのラングラーです

 

 

SUV系の車って

丸い系=お洒落な街乗り系の割と丸いデザイン

四角系=ゴリゴリの男らしいオフロード系直線デザイン

に分かれれると思うのですが

 

この車はまさに四角系代表です。


 

最近はJEEP結構人気があるらしく
その中でも以前は断然グランドチェロキーとか街乗りSUVの方だったのですが
(といってもJEEPなのでオフロード走破性も高いですが)

ここのところの注目はこの本当にJEEPの血統を汲む

ラングラーですね

 

芸能人とかも結構乗っていますし
海外のセレブ(特にアメリカ人)はこの車の所有者も多いですね。

 

 

基本的に軍用車にルーツをもつJEEPそのものなので、色々なところが
本当に道具どして機能性にあふれたデザインが本物感があるので

かえって
それがお洒落になってきているという
本気のアウトドア用品のような車です。

 

ドアのヒンジは外付け、ドアも、屋根も、フェンダーまでも簡単に外せるんです!


 

屋根を外すとフルオープンにできます。

 

 

他に近いジャンルとしては
⇒メルセデス・ベンツのGクラスとかもあるのですが、

こちらは
お値段がラングラーの2,5倍位します(^_^;)

 

また、伝統ある車ですし、その機能美をデザインにして
お洒落車の代表的な存在になっている点は、

前回記事に書いたMINIとも似ています

 

室内も奥行きの殆どないインパネ。
まっ平らなフロントウインドゥなど、JEEPの機能的な
伝統そのものです。

フロアやトランクは簡単に水洗いできるようになっていたり
トランクはかなり広くて、リアシートを倒せば大量の荷物が入るなど

これはもうガンガンアウトドアに使って
本気で遊べる車です。

 

 

しかも、悪路走破性は数あるSUVの中でも最高レベル。

本気で雪の中や山の中の悪路を試しても
かなりの部分まで安心して走行できそうな頼もしさがあります。

 

 

数ある車の中でも

最も男らしい×お洒落

な車なのは間違いありません。

 

カスタムパーツもありとあらゆるものが出ていますので
中古車で安く買って自分好みにいじり倒すのもアリです。

カスタムしてもさらにカッコいい!

男らしく、頼もしい雰囲気のあなた
愛車がこのジープ・ラングラーならさらに男らしさアップなのは間違いないです。

 

この車に乗るには
バッチリ体を鍛えてくださいね!

3位 モテる車 ポルシェカイエン

 

 

きましたね~
ポルシェ・カイエンです。

カイエンはポルシェが作ったSUVということで
この巨体にしてかなり本気のスポーツ性能を兼ね備えた車です。

世界中で流行しているSUVの最もプレミアムな
一台で、この車より上の価格帯のSUVとなると
数えるほどしかありません。

 

走行動画

 

ポルシェはスポーツカーメーカーのイメージが強いかと思いますが
現在販売の3分の1はカイエンですし、カイエン、マカンのSUVで半分以上の
売り上げを出しているということですので今やカイエンは販売的にはポルシェの
代表車種といえます。

 

あなたが普通の男性で女子にポルシェに乗っているといったら、
絶対に興味は持ってもらえると思いますが、

スポーツタイプの車はちょっと…という女子も結構いると思います。

⇒スポーツタイプのモテるポルシェはこれ!

 

そんな女性たちにも、このカイエンだったらどうでしょうか?
内装はポルシェらしくスポーティーな上、ラグジュアリーで、
しかも広々としたリアシートとトランクも兼ね備えています。

 

実際口コミを見ても、かなり女性受けは良いみたいですね。

 

 

既婚者の場合、奥様の要望でカイエンをチョイス
している人も多いようです。

 

インテリア動画

 


 

 

しかも高級プレミアムカーの
ポルシェは様々なオプションからオーダーもできるうえ、
自分好みの一台をカスタマイズで作ってもくれます。

エクスクルーシブ

というプログラムなんですが、

どうですか?
このインテリア。

なんと、エアコンの吹き出し口まで
一枚一枚レザーが張られているっていう…

どんだけ細かい仕事してるんだ!
って話ですよ。

新車価格が900万円からという車で
最上級モデルのターボSになると

2273万円!!

という途方もない車なので

新車で買えるのは限られた人だと思うのですが
現行型が中古車なら450万円くらいから
狙えます。

グレードによりけりな部分もありますが
500万円以下で探せるとなると、かなり気になってきます。

カイエンならこの1台だけでもすべての事が
こなせますからね。

 

ポルシェ×SUV

 

これって最強のモテ車でしょう?

2位 モテる車 ハリアー

 

SUVのモテ車2位

 

真打来ましたね~
日本のラグジュアリーSUVの先駆けとなったハリアーです。

ちょうど2017年の6月にマイナーチェンジされて
外観ではバンパーのデザインとか少し変わりましたね。

 

 

ハリアーは
コスパで考えたら
モテる車では最強じゃないですかね?

新車価格300万円~と
最近どんどん値段が高くなっている日本車の中で、この品質
高級感、車格でこの値段で購入できる。

 

300万円台で新車で購入できる車の中で

モテ度は
ダントツ1番じゃないですか?

 

私の周りでも独身でモテる男の子は結構
ハリアー乗っています(マジです)

で、スノーボードとかキャンプが好き
だったり、かといって街中でもおいしいお店知ってたり
とかね。

 

まぁ、ポルシェとかBMWとかも確かにスゴイよ!
スゴイし、カッコいいですけど、

ちょっと押しが強すぎね~か?

って話です。

 

その点ハリアーなら
トヨタですから

 

いい意味で

普通なうえ
お洒落。

かつスマート

みたいな、良いとこど取りなんですよねぇ…

 

 

内装だってこの通りラグジュアリー感もあって
このクオリティですよ!

 

程よくエロさもある。

 

いいんじゃないでしょうか?

それから今回の3代目からハリアーは完全に日本国内専用
モデルになっていて、サイズや取り回しなども日本で使うのに
最適な大きさにしてあるんです。

レクサスにSUVのRXがありますが
こちらはサイズもハリアーより大きいですし、値段も全然高い。

 

内外装のデザインをみてももっと押し出しが強いし
海外で、プレミアムカーとしてどうやってお客様ウケするか
考えてつくられているのです。

その点今回のハリアーは日本人の感性に合うようにデザインも
されていて、日本人が好きな

程よさ

加減が絶妙なわけですよ。

 

ホントにね~トヨタは凄いですよ。
こういう細かいところがトヨタ以外には出来ない部分でもあり
車としての性能もさることながら、

 

日本人の好きな

目立ちすぎず

でも
カッコいい。

知性もあるが
遊びもできる

 

みたいな

 

この絶妙加減。

トヨタのブランドイメージも
それからコスパも(手放す時のリセールバリューもバリ高ですよ!)

 

もうね、総合的に考えたらこの車
最高得点なんですよね。

 

私が友人に

「今、モテる車でコスパが最も良い車ベスト1は?」

と言われたら

 

そりゃー

「トヨタハリアー買っとけ!」

 

って言いますよ。

 

「これ乗っておけば間違いないよ!」

って

1位 モテる車 BMW X5

 

2017年モテる車ランキング
ベストワンはBMXのX5

となりました。

 

 

今のおしゃれSUV、スポーツSUVのはしりともいえる
車で、初代のデビューは20年くらい前になるのですが

その時、私が仕事していた中古外車専門店でこの車を初めて
運転した時は、本当にびっくりしましたよ。

それまで、この手の車(例えばベンツのMLとか、レンジローバーとか)
は車体の重心が高く。乗り心地もフワフワしていて

コーナーとかでゆったり曲がっていくのが普通でした。

 

トヨタのランクルにしても
三菱パジェロにしてもみんなそうでした。

 

まぁ、SUV(当時はクロカンとか呼ばれてました)
はそういうコーナリングの挙動をするものと思っていたのですが、

このBMWのX5は普通の5シリーズのツーリング(ワゴンね)
と同じようなフィーリングでサクッと曲がるんですよ!

 

マジかぁ~スゲーなぁBMW!!

って思ったのを良く覚えていますね。

 

私にとっては、X5は本当に衝撃的な車でした。

 

 

で、それから月日がたち、それこそ、今は世界的にSUVが人気。

しかも、このX5のようなスポーティなSUV。
ラグジュアリーなSUVっていうのが本当に高級車のメインストリーム
になりましたよね。

このX5に始まって、ポルシェのカイエンが来て
今はジャガーやマセラティ、ベントレーまでSUVを出してきました。

スポンサーリンク

何と今後はロールスロイスや、ランボルギーニーまでSUVを作る予定
だそうで。

そうなってくると
逆にプレミアムブランドでSUV持っていないのは
フェラーリ位しかない?

って感じになりますよね。

 

まぁ~これこそゴージャスなSUVの典型的内装。
BMWの5シリーズと同等クラスのインテリアですね。

 

 

 

現行のX5は一番安くても約900万円からというプライス。

おいそれと手が出せる車ではないですけど。
ポルシェカイエンと同じく中古車でしたら、だいぶ値段がこなれています。
ひとつ前の2代目だと300万円でも充分良いモデルが狙えますよ。

 

 

このてのラグジュアリーSUVはさらに細分化してきて
最近では5ドアクーペのSUVが出てきてます。

これもBMWが先駆者で。
メルセデスベンツが追っかけてきてますが

⇒メルセデスのクーペSUVの記事

今後このジャンルも増えていくのでしょうか?

BMW X6

 

 

まぁ~

BMW×SUV

のコラボで

モテる車の相乗効果ですので

 

もし、あなたが

この車に乗っているのに
モテないとしたら。

 

その時は…

 

 

 

その時は…

 

 

自分磨きを頑張りましょう!!(^_^;)

番外 メルセデス・ベンツ G-class

 

 

ベンツのG-classは

「ゲレンデ」

とも呼ばれますが、世界有数の本気のオフローダーで
SUVというか、マジもんの四駆です。

もともとヨーロッパのNATO軍で使うために開発された
軍用車で、デビューは1979年。

それ以来、改良を重ね、今日まで40年近く作られている
という、メルセデス・ベンツの中でも、最も昔のベンツの色を残した車
なんです。

 

とにかく特殊な車で
SUVとか軽く言うのも似合わないし。

「モテる」?
とか
「モテない」
とか

いう車でもないのかもしれません。

 

しかし、
「最善か否か」

と言われた、昔のメルセデス・ベンツのコストを度外視した
車づくり、もともと軍用車という成り立ちで

 

本物を求める世界中のセレブから

長年愛され続けている車です。

 

日本でも、有名人、芸能人、スポーツ選手
とかの愛用者が多く、東京都内、特に港区界隈などでは
それこそ、うじゃうじゃ走ってます(^_^;)

最近のモデルでは
内装は特に凝ったラグジュアリーの仕様も選べて
最低でも1000万円からというお値段にまけない豪華仕様となっています。

 

 

 

まぁ、この車の場合、堅牢な作りと
とにかくオフロードの走破性は半端でないことと、
特にAMGのモデルはとんでもない高出力のエンジンを
乗せているから、スピードも凄く出るんですが、

 

なんというか、最近のSUVのような快適性を
求めるような車種とはやはり違いまして、どんなにお洒落にしても
元が軍用車というハードなヨンクなんですね。

素晴らしい走破性

セレブのおもちゃですねぇ

 

この車の素晴らしところは、本当に長い事培ってきた
メルセデス・ベンツというブランドの信頼性と。
さらに世界中で愛されてきた本気の4WDであること、

それから、ベンツというエクスクルーシブなメーカーが長い事
作り続けている車種であることなどが挙げられ。

 

他の車とは別次元の価値がある車

 

といえるんですね。

 

 

本当に特殊な車なんですよ。
G-classは。

 

それをサラッと足に使っちゃっているのが
最高にお洒落なんですね。

 

燃費とかも超絶悪いらしいし
ガソリンモデルなら良くてもリッター5kmも走らないそうです。

でもね。
ゲレンデに乗るようなお金持ちは
燃費とかほとんど気にしないでしょう。

 

都内の場合、駐車場もそれなりのところが
必要です。

背の高いG-classだと
マンションとかの
立駐式のところはまず入らないでしょう。

 

G-classに乗っているってことは
維持費が相当かかるわけで、そのあたりも軽くクリアできてるってことは
必然的にお金に余裕が無いと維持できない車なんですよ。

 

だから、G-classに乗っている=経済力がある

という図式は成り立つと思います。

 

 

乗り心地とか、快適性だけなら他のSUVがもっと安く
良いのが手に入ります。

 

で、ゲレンデ1000万円以下はありません。
AMGの65だとそのお値段

 

 

3564万円!

 

 

ですって!!(^_^;)

うは~家かよ…

 

 

でも、それだけで驚いてはいけません。

これは2014年に限定販売されたモデルで
日本仕様は5台だけしかない

G63 6×6

という車種

 

 

 

お値段なんと

8000万円!!

 

ハッセンマンエン!!!!

です。

 

 

っていうか、日本国内で
この車5台も売れたっってことの方がスゴイですね(^_^;)

これ駐車場とかどうすんだ??

 

 

結論。
ゲレンデはモテるのか?

 

モテるモテないでいったら
そりゃ~間違いなくモテるでしょう。

 

でも、それなりの仕事とかしていないと
怪しさ満載で警戒されるんじゃないかな(^_^;)

 

 

ってことで番外編のG-classでした。

 

 

SUVでモテる車本気で探している人は?

 

↓こちらご参考ください

 

 

 

        1. グー買取

          入力時間 1分
          提携業者数 300以上
          対応エリア 全国
          煩わしい営業電話が無く、
          無料で大体の相場が判る

          Goo買取の特徴は、まず、一括査定サイトではないところです、一括査定サイトととは違い、営業電話がかかってこない方法で、まず、自分の車の価格を調べることができます。(⇒詳しくはこちら)

          また、地域で該当車種の買い取り強化店を教えてくれるので、こちらから、気に入った車買取店に連絡ができるという、メリットがあります。多少時間がかかっても自動車買取査定を自分のペースでしたい人向きのサービスと言えます。

          メリット

          メールアドレスと郵便番号のみでだいたいの買取査定の相場が判る

          デメリット

          古い車種や、流通量が少ない車種だと買取相場が判らない。

          買取査定額は実際の相場金額より低めに提示される。

          グー買取で無料で買取相場を調べる

        2. UcarPac車の買い取り査定サービス

          入力時間 30秒
          提携業者数 2000社
          対応エリア 全国
          電話のやり取り等はUcarPacのみ
          車買い取り査定の新しい形

          ユーカーパックの特徴は、こちらも一括査定サイトではないところです、他の一括査定サイトととは違い、買取業者との連絡、お金のやり取りなど、すべてユーカーパックが間に入って代行してくれます。

          つまり、電話のやり取りもユーカーパックとの間のみ、車の査定もユーカーパックと一度だけ行えば良いという便利なサービスです。しかも車を売却した代金のやり取りもユーカーパックが代行してくれ安心です。(⇒詳しくはこちら)

          メリット

          複数の業者とのやり取りが無く、査定、電話連絡、書類のやり取り、入金までユーカーパック1社のみ。煩わしい営業電話が無い。

          入力フォームに必要事項を入力するとすぐに概算の買取価格が判る。

          デメリット

          一括査定に比べて車売却まで時間がかかる。

          一括査定の方が値段が競りあがって高価買取になり易い。

          車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ピンクver.

        3. カーセンサー.net簡単ネット査定

          入力時間 3分
          提携業者数 1000社以上
          対応エリア 全国
          一括査定サイト最多の
          最大30社の同時査定可能

          また出来るだけ営業電話を
          減らすことも可能

          車の買取一括査定サイトの良さって、やはり、複数の業者が査定することで、買取価格を上げられるという事だと思いますが、カーセンサー.net簡単ネット査定の特徴は一括査定サイトの中でも最大の30社同時査定が可能という特徴があります 。さらに提携している業者数は業界でも最大規模の約1000社。これは、アメ車や、マニアックな車でも高く買い取れる業者が探せる可能性が高くなるというメリットもあります。

          また、カーセンサー.net簡単ネット査定では車の買取一括査定サイトのデメリットの一つでもある、業者からの営業電話を極力減らして、できるだけメールで連絡をしてもらう方法もあります。数ある車の一括査定サイトの中でもおすすめです。(⇒詳しくはこちら)

          メリット

          車の買取一括査定サイトの中でも最も多い最大30社の同時査定が可能。

          電話連絡を0にすることは確約できないが、買取業者からの連絡方法を極力メールにしてもらう事が可能。

          デメリット

          フォームの入力箇所が他の一括査定サイトよりも比較的多いので、煩わしい。

          カーセンサー.net簡単ネット査定で高価買取りしてもらう

        事故車の買取なら
        事故車買取の<タウ>査定申込促進プログラム

        入力方法 フォーム、24hフリーダイヤル
        提携業者数 約60000社
        年間買取数 50000台以上
        事故車買取シェアNO.1!!
        24時間のフリーダイヤルで受付

        「車が事故してしまった…。修理代が相当かかりそうだし、このままでは動かすこともできない…どうしよう」っていう事ってあると思います。そんな時に、事故車を買い取ってくれる業者があります。

        事故車でボロボロでも、動かない車でも、売ることができてお金になります!

        事故者専門の買い取り会社、その中でも現在シェアがNO.1で査定士の対応や売却までの流れ、車の引き取りや書類のやり取りから入金までもスムーズと評判の会社が「株式会社タウ」です。(⇒事故車買取タウの評判や口コミはこちら)

        タウは事故車だけでなく、故障車、水害車等の買取も積極的に行っております。通常の自動車買取店で扱わないような事例の車でも買取り出来ますので、車が、事故を起こしたり、故障で修理費用がかなり掛かりそうで困ってしまった場合、ぜひ株式会社タウに相談してみてはいかがでしょうか?

        24時間対応のフリーダイヤルでいつでも相談可能です。

         

        メリット

        業界最大手の事故車買取会社。世界60000社との取引があり、事故車、故障車、水害車、不動車。基本的にはどんな車でも買取可能。

        引き取りの際のレッカー代金等すべて無料。

        24時間対応のフリーダイヤルでいつでも相談可能。

        デメリット

        特にないが、1社だけの見積もりで不安だったら、上で紹介した
        カーセンサー.net簡単ネット査定でも事故車の買取を一括査定ですることが可能ですので、こちらにも申込みをするのも手

      1. 事故車買取の<タウ>にまずは気軽に相談してみる

      プロがあなたにぴったりの車を探してくれる!
      なびくる+

      修復歴 なし
      返品 OK!
      保障 最長10年
      具体的に車種が絞れていなくてもOK!
      車探しのプロがあなたに代わって
      ピッタリの1台を提案してくれる。

      中古車を探すときに、具体的な車種や予算が絞り切れていない場合等、大量にある中古車情報から自分にピッタリの1台を探すのは大変ですよね。そんなあなたに、1分ほどで埋められる申込みフォームから必要事項を記入するだけで、あなたにぴったりの1台をあなたに代わって探してくれるという便利な中古車探し代行サービスがあります。それがこの「なびくる+(プラス)」です(⇒詳しくはこちら)

      大手の買取一括査定サイトを運営している株式会社エイチームのグループが運営しているサイトで、安心して利用でき、中古車を実際に探してくれるのはこれまた中古車最大手の企業「ガリバー」になります。

      メリット

      中古車大手企業のガリバーが持っている未公開の在庫車からあなたの希望に沿う中古車を提案してくれる。

      ガリバーの保証(最長10年)や中古車返品保証(納車1か月以内)等のサービスを受けることができる。

      デメリット

      特に無いですが、具体的に車種が決まっていたり、車を自分で探すほうが楽しい人は中古車サイトとして有名なこちらからどうぞ!
      中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

      なびくる+(プラス)であなたにぴったりの中古車を無料で探してもらう

       

スポンサーリンク